当時のCHQキャプテンズミッション(M.3)を受けて、2003年より
 技術委員会内部に『キッズプロジェクト』が設置され、活動および
 取り組みがスタート。

 2006年度の大阪府協会の法人化に伴い、単一プロジェクトチーム
 から委員会化され、名称も『キッズ委員会』となりました。

 現在キッズ委員会では5つの活動を行なっています。『JFAキッズ
 プログラムの推進』の取り組みとしては、

  "いつでも・だれでも・どこででも"をコンセプトに

  キッズフェスティバル・キッズリーグ・キッズ巡回指導・キッズ
  リーダー養成講習会の開催を行っています。

  2007年度からは『JFAエリート養成システムの確立』の取り組み
  としては"もっともっとサッカーをしたい"をコンセプトにキッズ
  エリートもスタートしました。